妊婦さん・妊活中の女性に話題の葉酸サプリ!

葉酸って何?


妊娠したときに必要とされる「葉酸」という栄養素ですが、葉酸は水溶性のビタミンBで、新しい細胞を作るために必要不可欠な栄養素となっています。新しい細胞を作るために必要となる葉酸は、妊娠している女性や授乳中にもオススメされているので、積極的に葉酸サプリを摂取するようにした方がいいのです。

一日三食、きちんと食事をしていれば、葉酸が不足するという事はないんですが、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを育てるとなると、葉酸は不足してしまうという感じなので「食事だけ」ではなく、「サプリ」で補うようにしましょう。

葉酸が不足すると・・・

  • 貧血になる
  • つわりが酷くなる
  • ビタミン不足になる
  • 肌荒れや口内炎になる

こういう症状が出てきてしまいます。妊婦さんの葉酸不足は注意が必要と言われているほど、重要な栄養素なので、妊娠を希望する方や妊娠中の女性は食事からの摂取できる葉酸だけではなく、赤ちゃんをしっかり育てるためにも「葉酸サプリ」を摂取するようにしましょう。

ほうれん草や大豆・レバーなどの食品に含まれているようなんですが、そればかり食べるよう意識するのも大変ですし、サプリは持ち運びもできるので、手軽に摂取できるのも魅力ですし、一日に必要な摂取量はは200μgとなっていますので、普通の食事では無理があるとも言われていますので、サプリがオススメされているんです。

おすすめ葉酸サプリはコチラ

貧血を予防する鉄分

妊娠中は貧血になりやすいという事から葉酸の摂取がオススメされるんですが、胎児を育てるためには充分な血液が必要となりますので、葉酸サプリを飲んでしっかりと鉄分を摂取するようにしましょう。葉酸サプリにもいろんな種類があり、鉄分も含まれていますので1回の摂取で400μgの葉酸を摂取できるものが主流となって販売されていますので、必要な量をしっかり摂取して貧血を予防するようにした方がいいですね。

鉄分の他にもカルシウムも含まれていますので、すごく重要な栄養素だということが解ります。赤ちゃんを育てるために大事な栄養なので、当たり前ですが「無添加」が一番です。保存料や添加物は発ガン性があり、赤ちゃんに影響を及ぼすとも言われていますので、葉酸サプリを購入する際は、使用されている成分も確認する事が大切です。

サプリは粒の大きさも種類によって異なり、飲みやすくないと続けるのも困難となりますので、小さめの飲みやすいタイプを選ぶようにするといいでしょう。価格も差があるようですが、価格で選ぶのではなく、品質で選ぶ事が重要だと思います。無添加で飲みやすくて、放射能の検査が行われているものが安心ですので「安全性」と「品質」で選ぶようにしましょう。

美容成分が含まれた葉酸サプリ

近頃の葉酸サプリは、美容成分も含まれていたりするので魅力的ですよね。葉酸というと妊娠中の女性に必要とされているイメージがありますが、女性だけではなく男性にも必要な栄養分がたっぷり含まれているので、多くの方にオススメしたいと思います。

  • ビタミン
  • ミネラル
  • カルシウム
  • 鉄分
  • 葉酸
  • という沢山の種類の栄養素が含まれている葉酸サプリが注目を集めており、いろんな種類がありますので、比較しながら選んでみるのもいですね。葉酸サプリなら、悪阻が酷くても飲みやすいですし、毎日きちんと続ける事ができます。栄養をしっかり摂取する事ができ、「栄養が不足しているんじゃないか」と不安になる必要もなくなりますから安心です。

    女性に必要な栄養分として葉酸が注目されています。妊活している女性も男性も摂取するといいと言われていますから、夫婦で一緒に続けてみるといいでしょう。健康を維持するためにも、赤ちゃんを元気に育てるためにも葉酸という栄養素はすごく重要ですので、妊娠初期の三ヶ月はしっかり飲むようにした方がいいと言われています。健康にも美容にもいいという葉酸サプリは、独身の女性も摂取するようになっているらしいですし、副作用などはありませんから気軽に始める事ができます。

    妊娠以外にも葉酸は必要

    妊娠初期に葉酸が不足すると、お腹の中の赤ちゃんに悪い影響が出る可能性が高くなると言われています。そのリスクを下げるためにもしっかりと栄養バランスの整った食事をしなければならないのですが、悪阻で食事を摂る事ができないという方もいらっしゃいます。食事ができなければ、母体にも悪いですし、赤ちゃんも育たなくなってしまいますから、サプリで補うことも大切です。

    葉酸は妊娠中の女性が必要とする事が多いのですが、最近は妊婦以外にも必要な栄養素として紹介されるようになっています。赤血球を作るのに必要な栄養素で、たんぱく質の合成もしてくれるという役割を持っていますから、とても重要な存在です。動脈硬化の予防やガン予防にもなるといわれていますので、健康を考える方にも是非オススメしたいと思います。最近は胃腸が悪い方も増えているようなんですが、葉酸を摂取する事によって様々な病気の予防をする事ができますので、健康維持のためにも「葉酸サプリ」を摂取してみるといいでしょう。

    野菜などの食品に含まれている葉酸は吸収されにくいという事もありますし、「水溶性」のビタミンなので水にも熱にも弱いので、洗ったり火を通したりするだけでも栄養がなくなってしまいますので、体に吸収されやすいように製造されている無添加の葉酸サプリで栄養を補う方が増えているのです。

    基本的な食事がやはり前提ですね!

    食品よりも合理的に、簡単に葉酸を摂取できるということで人気なのですが、それによって「サプリメントだけ摂取していれば良い」と勘違いをし、食事バランスか悪くなってしまう人も少なくはないです。葉酸は単体で摂取しても意味はなく、他のビタミンとの相互作用で栄養を作り出すものです。サプリメントのほうが合理的かもしれませんが、食材で摂取したほうが他の栄養も補えるので良いです。

    ここでは、サプリメントよりも最強な食材を使った料理を紹介していきます。

    【ほうれん草と帆立貝の炒め物】

    貝には、B12というビタミンが含まれており、葉酸と一緒に摂取することによって相互作用を起こし体に良い影響を与えてくれます。ほうれん草と帆立貝はとてもよく合って、美味しいです。まずは、ほうれん草をよく水で洗って食べやすい大きさに切ります。次にニンニクをみじん切りにし、油を引いたフライパンに投入。弱火でじっくり炒めたら、頃合いを見計らってほうれん草を入れます。

    ほうれん草が少ししんなりしてきたらほたてを投入し、めんつゆやお醤油などで味付けをします。そして、調味料と馴染んできたと思ったら火を止めて完成です。これは、それほど難しくはなく誰でも作れてしまうのでオススメです。赤ちゃんや歯の発達していない子供も無理をせず食べられるので、小さな子供に作ってあげる際は具材を細かくしてあげると良いかもしれません。

    【インゲン豆と挽肉の炒め物】

    インゲン豆は豆と言ってもがっつり豆ではないので、口の中の水分が奪われたりすることがなく食べやすいです。動物性のビタミンを含む挽肉と炒めてあげることによって、美味しく健康的に食べられます。まず、インゲンを洗います。ここで食べやすい大きさにカットしても良いですが、インゲンは元々それほど長くはないのでそのままでもOKです。

    そして次にニンニクを刻みます。油を引いたフライパンにニンニクを投入し、弱火でじっくり炒めたら、頃合いを見計らって挽肉を入れます。インゲンよりも、先に挽肉を投入してあげましょう。挽肉に火が通ったらインゲンを入れ、インゲンにだいぶ火が通ってきたらオイスターソースを絡め入れます。これも簡単にできるので、時間がないときにもお勧めです。

    【キャベツのトマトスープ】

    キャベツにもたくさんの葉酸が含まれています。それに、キャベツは葉酸だけでなく他の栄養素もたっぷり入っていて、ダイエット効果なども期待できます。用意する食材はキャベツ、トマト、ベーコン(ソーセージでも可)、玉ねぎ。基本的に、家にある食材で大丈夫です。量は、各自お好みで入れていただいて結構です。

    まずは鍋に水を入れ沸騰させます。その間にキャベツを食べやすいサイズに切り、水に浸しておきます。そして沸騰したら鍋にキャベツを投入して、キャベツに火が通るまで玉ねぎを切ります。玉ねぎを食べやすい大きさに切ったら鍋に投入し、火が通ってきたところでベーコンをいれます。そしてトマトを投入し、トマトがとろとろに溶けたらウェイパーを入れ完成です。

    多少時間はかかるかもしれませんが、具材を切って投入するだけなので何も難しいことはありません。わざわざ外に出て材料を買いに行く必要もなく、家にあるもので作れてしまいます。

    【レバニラ】

    レバニラは、誰しも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。レバーの臭みが苦手だという方も、レバニラだけは食べられるという人も多いです。まずはレバーの下処理。
    それが終わったら、油を引いたフライパンにレバーを投入し火が通るまで炒めます。そしてニラやにんじん、もやしなどお好みの具材を投入しオイスターソース等で味付けをすれば完成です。

    レバーの下処理が少し面倒かもしれませんが、それ以外は簡単にできてしまうのでオススメです。ご飯がすすむ一品となるでしょう。

    【ブロッコリーと海老の中華炒め】

    ブロッコリーが嫌いだという人もいると思いますが、海老と一緒に中華風味に仕上げてあげることによって食べやすくなります。まず、鍋に水を入れ沸騰させ、ブロッコリーを茹でます。茹であがったら、一口サイズに切り分け、油を引いたフライパンに投入します。若干しんなりしてきたところでにんじんや、ホタテなどその他の具材を入れます。ホタテやにんじんは入れなくても良いですが、もしあったら一緒に入れたほうがさらに美味しくなります。

    そして海老を投入したら、水溶き片栗粉を流し入れとろとろにします。そしてウェイパーやオイスターソースで味付けをすれば完成です。この料理は手間を取らせず簡単にできるのでオススメです。

    確かに、サプリメントのほうが合理的に葉酸を摂取できるし、時短にもなります。わざわざ料理をする必要もないので楽です。しかし、葉酸サプリメントのみではそれ以外に必要な栄養分をおぎなうことはできません。最近、葉酸サプリを摂取していれば何の問題もないと勘違いしている人が多いですが、葉酸は他の栄養分との相互作用によって体に良い影響を与えるので、単体で摂取してもあまり意味はありません。

    葉酸サプリの副作用って?飲みすぎるとどうなるの?

    葉酸サプリの副作用とは

    葉酸サプリと検索すると、副作用といったワードも出てきますが、葉酸サプリはサプリメントであって、薬ではないので、副作用は存在しません。副作用というのは本来薬の副次的な効能を指し示す言葉ですから、サプリメントには当てはまらないんですね。ただし、葉酸を過剰に摂取しすぎると、良くないこともあるかもしれません。何事もやりすぎは良くない結果を生むものです。

    他の栄養素もそうであるように、過剰摂取に気をつけていれば、葉酸サプリを飲むことで体に悪影響が出ることはありません。もちろんその人の体質にもよりますので絶対とは言い切れませんが、厚生労働省の言う妊娠初期の妊婦400μgという分量を守っていれば、問題はないと思っていただいて良いでしょう。

    飲みすぎるとどうなる?

    それでは、厚生労働省の言う目分量を大幅に上回る量の葉酸を摂取しつづけた場合、どのようなことがあるのでしょうか。それは生まれてくる子供が喘息にかかるリスクが高まるということです。

    喘息というのはよく耳にする身近な病気ですが、実際にかかってみると非常につらいものがあります。私も子供の頃、喘息持ちでしたが、運動したあとに急に発作が来たときなど、死ぬと思うくらいに苦しかったですね。激しい運動をできなくなる可能性がありますし、発作が収まらず呼吸困難に陥れば、それこそ死んでしまうリスクもある恐ろしい病気です。葉酸の過剰摂取は、そのような良くない結果を生む可能性もあるということですね。

    厚生労働省の発表では、葉酸の一日の摂取上限は1000μg、つまり1mgとされています。これだとすぐに上限に達してしまいそうな気がしますが、葉酸はもともと摂取するのが難しい栄養素だと言われているので、心配する必要はないでしょう。その理由は別の記事に書きましたので、詳しくはそちらをご覧ください。あくまでも、サプリメントの飲みすぎに注意するということですね。

    また、サプリメントも、物によっては添加物が含まれている場合があります。葉酸それ自体にさほど害はなくとも、その添加物によって体が変調をきたすということもありうるでしょう。ですから、葉酸サプリを飲むときには、どの会社の、どの製品を服用するのか、慎重に判断したほうがよさそうです。現在ではいわゆる「天然物」の葉酸サプリも多く販売されており、検索すれば多数の商品がヒットすることと思いますので、値段や葉酸の配合量を比較し、どれにするか決めてくださいね。

    生まれてくる赤ちゃんのために、できることをできる限りやっておきましょう!

    妊活中の女性必読!アレルギーを持っていても葉酸サプリは飲める?

    みなさんは何かのアレルギーをお持ちでしょうか。たとえば食物や動物など、特定のものを食べたり触ったりすることで、体になんらかの異変が起こることをアレルギー反応といいます。最も身近なものでいうと、花粉症もアレルギーのひとつです。春になると、スギ花粉等の影響で、くしゃみや涙、目の痛み、かゆみに襲われる方は相当数いると思いますが、それもアレルギー反応の一種類であるわけですね。

    なぜそのような反応が起こるのかというと、アレルゲン(アレルギー反応を引き起こす可能性のある物質)が体内に取り込まれたとき、これを排除しようと、体(Tリンパ球)が過剰反応を起こしてしまうからです。侵入者を排除しようと頑張った挙句、部屋の中がめちゃくちゃになってしまうわけですね。

    アレルギーの症状としては、じんましんや皮膚の腫れ、喉の痛み、咳、嘔吐や下痢と、様々なものがあります。そのアレルギー症状が重度になることを、「アナフィラキシー」といいます。これは命にも関わる重大な症状ですので、身体に通常以上の異変が起こった際には、すぐに病院へ行く、あるいは救急車を呼ぶことが推奨されます。

    みなさんも「アナフィラキシーショック」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これはアレルギー反応によって極端な血圧低下、意識障害が起こるショック症状のことを指します。自分のアレルギーがわかっている場合には、なるべくその該当の物質には近づかない、触れない、口にしないというのを心がけたいところです。

    アレルギーがあっても葉酸サプリを飲んでいい?

    これから葉酸サプリを飲もうとしている方の中には、アレルギーをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そこで気になるのは、自分がそのようなサプリを飲んでもいいのかということです。

    結論から言いますと、場合によって服用が可能かどうかが変わります。まず飲むサプリメントですけれども、「合成」のサプリメントには注意しなくてはなりません。合成サプリメントには「石油」が含まれている場合もありますので、アレルギー体質の方には良くないでしょう。しかし合成ではなく、天然のサプリメントを飲むようにすれば、この点は問題ありません。問題は食品アレルギーをお持ちの方です。

    食品に対してなんらかのアレルギーを持っている人は、葉酸を飲んだときにアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。あなたは普段、野菜や果物を食べていますか? 何も気にすることなく食べているというなら、おそらく葉酸サプリを飲んでも問題ありません。なぜなら、葉酸は野菜や果物に多く含まれている栄養素であり、それでアレルギー反応を起こしていないのならば、あなたが葉酸に対してアレルギーを持つ可能性はきわめて低いからです。

    ちなみに葉酸はお菓子や肉、豆類など、様々なものに含まれています。加工食品は含有量が低くなりますが、これまで一切気にしたことがないという人は、葉酸サプリを飲んでも大丈夫なはずです。しかし100%、何があっても大丈夫とここで断言するわけにはいきませんので、不安な方は医師や薬剤師さんに相談されるのが良いでしょう。あなたがいま妊娠中なら、産婦人科の先生に訊いてみてください。ドラッグストアなら、薬剤師さんがいますから、サプリを購入するときに訊いてみるのがよいでしょう。

    ちなみに私はカニアレルギーを抱えておりますが、葉酸サプリを飲んでも体に異常は起こりません。野菜や果物アレルギーではないというのなら、おそらくは大丈夫だと思います。

    おすすめ葉酸サプリはコチラ

    過剰摂取に注意!

    しかし、本来は葉酸サプリでアレルギー反応が出ないという人でも、それを過剰摂取することによって、アレルギー性の体調不良を招く恐れがあります。一日の上限目安料は1000μgとなっておりますので、それを超えないように注意してください。サプリによる葉酸の摂取量と、食事による摂取量とで1000μgを超えてしまう可能性もありますので、特に妊娠中の方は食事にも気を遣ったほうがよいでしょう。

    ただし葉酸というのは熱や水に弱い栄養素とされておりますので、調理したものを食べているぶんには、おそらくサプリとあわせても1000μgを超えることはないと思われます。生のほうれん草をばりばりと大量に食うでもしなければ大丈夫です。

    それと、葉酸の摂りすぎのことでいうと、1000μgという上限を超えるような摂取の仕方を長期間継続した場合、おなかの赤ちゃんが喘息やアレルギーを持って生まれてくる可能性が高くなります。自身の体調もそうですが、赤ちゃんの体の形成にも大きく関わってくる部分ですので、葉酸サプリの飲みすぎには十分に注意を払ってください。

    ある特定のものを食べられないというのは、ひどく残念なことです。私はカニの味はもう本当に大好きなんですけれども、食べると顔にしっしんができてしまうので、食べることができません。私のようにアレルギーを持って生まれてくる可能性をあえて高めるようなことをしないように、気をつけてくださいね。

    一日の目安量さえ守っていれば、葉酸は体に良い栄養素です。妊娠中はもちろん、そうでないときにも摂るべき栄養素ですので、夫婦で毎日サプリメントを飲むというのを習慣にされてはいかがでしょうか。

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ