葉酸サプリの効果や副作用情報

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)って何?葉酸サプリが効くって本当?

投稿日:2016年6月7日 更新日:

この記事の所要時間: 323

妊娠中毒症とは?

妊娠中毒症とは?
みなさんは、妊娠中毒症というものをご存知でしょうか?

これは妊娠という大きな変化が体に起こったときに、それにうまく順応できない女性に起こるといわれ、その症状が悪化すると命を失うリスクもある大変恐ろしい病気です。

正式名称は「妊娠高血圧症候群」。これの発生及び悪化により、帝王切開を余儀なくされた事例も数え切れないほどあります。

では妊娠高血圧症候群とはいったいどのようなものなのか?以下で解説していきます。

症状は?

妊娠高血圧症候群の症状は主に2つです。ひとつが高血圧、そしてもうひとつが尿タンパクです。

妊娠中は、栄養を赤ちゃんに送るため血圧が高めになります。日本産婦人科学会の定義では、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の人を高血圧としています。

もう一方の尿タンパク、これが何かよくご存知でない方も多いかもしれません。尿タンパクというのは、排出された尿に、健常体であればほとんど検出されないタンパクが多量に検出されるというものです。

なぜ尿からタンパクが出てくるのかというと、それは腎臓の機能が低下しているから。つまりそれは腎臓が不調を訴えるサインなんですね。

これらの症状が、妊娠後に発生した場合、妊娠高血圧症候群と診断されます。

昔は「つわり」や「むくみ」もこの症状に含まれていたのですが、現在は定義から外されているようです。

妊娠高血圧症候群になりやすい人は?

体質や習慣により、この妊娠高血圧症候群にかかりやすい人がいます。

たとえば痩せすぎ、太りすぎといった、極端にどちらかに偏った体型の人。ストレスを多く抱え込んでいたり、不眠症に悩んでいたりする人などがそうです。

妊娠高血圧症候群にかからないためにも、生活習慣の改善など、あらゆる手をつくす必要があります。特にストレス。これは妊娠中の女性にとって非常に悪く働きます。

なるべくストレスを抱え込まないように、旦那さんにも手伝ってもらって、快適な環境づくりを心がけましょう。

悪化するとどうなる?

では、妊娠高血圧症候群が悪化するとどうなるのでしょうか?これが重度になってくると、先にも触れたとおり、帝王切開をしなければならなくなります。

命にも関わる危険な手術でありますから、妊娠してから、あるいは子作りを始める前から、先のことを考えて食生活等の改善を試みたほうがよいでしょう。

また、この妊娠高血圧症候群は後遺症が残る恐れもあります。高血圧や尿タンパクが出産後も続くんですね。

結構恐ろしい病気であることがおわかりいただけると思います。

葉酸が妊娠高血圧症候群の予防になる?

葉酸で予防する
葉酸を摂ることで、妊娠高血圧症候群を予防できる。そのようなことを書いている記事も多く見受けられます。ではそれが真実なのかというと、現段階では「その見方が有力である」としか言えません。

葉酸が、妊娠中の女性にとって非常に有益な栄養素であることは間違いありませんが、妊娠高血圧症候群のような病気までも予防できるのかどうかは、現在研究中であり、はっきりとしたことはわかっていないのです。

しかし、葉酸を摂取して胎盤の血液障害を予防し、これによって妊娠高血圧症候群をも防ぐことができるではないか、という見方が有力であるとされています。

実際のところどうなのかは、これから長い研究機関を経て発表されることと思いますが、いずれにせよ葉酸が妊娠中の女性に不可欠な栄養素であることは間違いありませんから、サプリメント等で摂取しておくのがよいでしょう。

葉酸サプリにも様々な種類があります。選び方の目安は葉酸サプリの選び方の記事に書きましたが、このサプリメント自体そこまで高価なものではないので、妊活中には妊娠したときのために、この葉酸サプリの定期購入費も含めた貯金をしておくとよいでしょう。

お子さんが産まれてからも色々とお金はかかるでしょうから、計画的に子作りをなされてくださいね。

-葉酸サプリの効果や副作用情報

Copyright© 葉酸サプリ人気ランキング | 効果のある葉酸サプリで妊活はいつまで? , 2017 AllRights Reserved.